ただいま作成中
コロナウィルスが広まっている

今こそ、自己防衛!予防しましょう!

コロナウィルスが広まっている

こんにちは、アンエフェクトです。

日に日に春の暖かさが感じられるようになりましたね~。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

さて昨日、政府より緊急事態宣言が発令され、

『コロナウィルスにうつらない、うつさない』ために

不要不急の外出は、より自粛することになりました。

特効薬がない今、

【手洗い、消毒、マスク、換気、外出自粛】など一人ひとりができることをする!

シンプルだけど これこそが、ウィルスを封じ込める手段なのかもしれません。

最近、罹患された方の初期症状の中に【味覚障害があった】と報道されています。一般的に味覚障害の原因としては、亜鉛の不足が考えられますね。

海外の自然療法士(Naturopath)の間では、コロナウィルス感染予防のために免疫力の強化のため、亜鉛のほかにビタミンC、ビタミンDをサプリメントで摂ることを勧めています。以下、亜鉛やビタミンC、ビタミンDについて抜粋してみました。参考にしてくださいね。

■亜鉛

亜鉛とは、人が健康を維持するために必要な栄養素です。亜鉛は全身の細胞内に存在しています。亜鉛は全身の細胞に存在し、免疫システムが侵入してきた細菌やウイルスを防御するのに役立ちます。タンパク質およびDNA、つまりすべての細胞の中にある遺伝物質を合成するためにも、亜鉛は体に必要です。妊娠中、乳児期および小児期の体は、十分に成長・発達するために亜鉛を必要とします。亜鉛は創傷治癒にも有用で、適正な味覚や臭覚にも重要です。

■ビタミンC

アスコルビン酸としても知られるビタミンCは、食品に含まれている水溶性の栄養素です。ビタミンCには、酸化防止作用があり、体内でフリーラジカルによるダメージから細胞を守るのを助けます。フリーラジカルとは、摂取した食物が体内でエネルギーに変わる時に形成される化合物です。大気中にもタバコの煙や大気汚染、太陽からの紫外線によって発生したフリーラジカルが存在し、人々は曝露を受けています。
身体は傷の治癒に必要なタンパク質であるコラーゲンを生成するためにもビタミンCを必要とします。さらに、ビタミンCは、植物性食品からの鉄の吸収を促し、病気から身体を守るために免疫系が適切な働きをするのを助けます。

■ビタミンD

ビタミンDは、その他多くの意味において身体にとって重要な栄養素です。たとえば、筋肉を動かすため、神経が脳と身体のあらゆる部位との間のメッセージを伝達するため、免疫系が体内に侵入してくる細菌やウイルスを撃退するために不可欠です。カルシウムと共にビタミンDもまた高齢者を骨粗鬆症から守ります。ビタミンDは全身の細胞内に存在しています。
―厚生労働省「統合医療」に係る情報発信等推進事業eJIM より抜粋―

これらのビタミン、ミネラル類を●食品でしっかり摂る●サプリメントで補うなどいつも以上に必要かもしれません。

ウィルスが蔓延しているこの時期、なんとか自己防衛で新型コロナウィルスに罹らないように過ごせればうれしいことですが、日に日に感染者が増えている都心では、罹ってしまうリスクは高いです。

たとえ罹ってしまったとしても重症化しないために、少しでも可能性のあることを試してみるのも損ではないでしょう。

世界中で流行している新型コロナウィルス。TVなどで報道されるたび 恐怖、不安を感じるのは、なぜでしょう?

今更ですが、

shiba
新型コロナウィルスって?

Bull

ウィルスはどうやって体の中に入っていくの?
Pagu
予防のために何をしたらいいの?

などなど恐怖や不安な気持ちになりがちですが、わかりやすくコロナウィルスの説明をしているサイトがあったのでご紹介します。

海外のサイト youtube チャンネル 。(字幕を日本語にして観れます)

― コロナウイルスとは何か & あなたは何をすべきか -

とても解りやすかったので、 ぜひ、お子さまと一緒に!

『コロナウィルスとは何か』をちょっとでも理解することで、不安が少しでも解消できればいいなと思います。

5月GW明けまでの1か月間、

冷静に!落ち着いて!みんなで協力して

明るい未来でありますように!

今、この時、それぞれが出来ることをしましょう!!

コロナウィルスが広まっている
最新情報をチェックしよう!

予防の最新記事

>最高のコンディション

最高のコンディション

作成中

テストテスト。